Aカップのロリ系美少女がM字開脚でおしっこお漏らし羞恥プレイ【エロ動画】

おしっこお漏らしエロ動画

 

コメント

Aカップのロリ系美少女「あべみかこ」がM字開脚でお漏らし羞恥プレイエロ動画です!
 
ロリ美少女のパイパンマンコから恥ずかしがりながらお漏らし連発!
 
M字開脚、トイレ、立ちションと恥ずかしい姿でおしっこしまくりです!
 
おじさんにオマンコ見せつけ聖水お漏らしプレイや手マン潮吹き、ピストンで失禁ハメ潮吹きおもらしとおしっこ好きにはたまらないでしょう!
 

作品・女優紹介

作品名 美少女×失禁!!射精みたいな快感おもらし。 あべみかこ
シリーズ 美少女×失禁
 

「射精ってこんな感じなのかな…??」まるで初めて射精を覚えた男のコの様に、恥ずかしくて照れ臭くて気持ち良い美少女おもらし作品!第5弾を飾るのはまだあどけなさが残るAカップのロリ系美少女・あべみかこ!恥ずかしさと気持ち良さを我慢して暴発ドクドクM字開脚おもらし、トイレオフショット、立ちション、パンツ越し失禁、女子校生のコスプレ入り失禁5コーナー!あどけない女の子のワレメのどぴゅどぴゅ射精開発!!

 

出演女優 あべみかこ
生年月日 1994年2月21日
現年齢 25歳
身長 / 体重 158 cm / ― kg
スリーサイズ 73.5 – 61.5 – 86.5 cm
ブラのサイズ AA65
 
略歴・人物
2012年6月に、ピーターズMAXより『奇跡の透明感 平成6年生まれ 初のAVデビュー あべみかこ18歳』でAVデビュー。デビュー作ながら約1万本を売り上げ評判となる。以後月1回のペースで同メーカーより10作品を発表後2013年3月に引退。

引退から4ヶ月後、キャンディより『電撃移籍 華麗なる潮吹き性交 あべみかこ』で復帰。同メーカーからの3作品目となる2013年9月『最初が私でいいのかな? 筆おろし初体験 童貞さんをプロデュース あべみかこ』を発表後、リリース情報がなくなり、再び引退したとされる。

2014年9月9日にtwitterを開始。twitter上にて自ら復帰を発表する。同年11月に復帰第1作『全身性感帯になって帰ってきたあべみかこの欲深いセックス』がピーターズMAXより発売された。

私服がダサいという噂の検証企画として、2016年末DMMニュースR18において「私服キャノンボール2016」が開催され、話題となる。

2016年のMOODYZチーム最多出演賞と最優秀ワンズファクトリー賞のW受賞に続き、2017年4月23日DMM.R18アダルトアワード2017にて特別賞を受賞。同月、YouTubeチャンネルを開設。

2017年5月、週刊プレイボーイ「ちっぱいAV女優番付」で横綱に選出された。

2018年4月、自身のYouTubeチャンネル『あべみかこチャンネル』にて日本語RAPに初挑戦をし【貧乳行進曲 feat FRANKEN,K-JACK】で発表しCD化。2018年11月、スカパー!アダルト放送大賞2019女優賞にノミネート。

2019年10月、ゲオTV×メンズサイゾー ADULT AWARD 2019・昇天クイーン部門にノミネート。二つ名は「イキザマ七変化」。
 
好きなアニメはエヴァンゲリオンシリーズ。キャラ診断では、「シンジのような繊細さを持った人」と診断される。

ボカロ好き。初音ミクの『Dear』が一番好きな曲である。

作品のイメージソングとしてオリジナル楽曲『女子校生に殺されたい。』を歌唱(作中では未使用)。あべこ祭にて一部公開された後、2017年2月にSoundCloud上にてフルコーラスが公開された。同曲は前述したYouTube配信でも使用されている。

デビュー後、初となる媒体インタビュー(DMM NEWS.R18)において、インタビュアーの大木テングー氏より、”「クラスの中では地味だけど、妙に男子から人気が高かった系」女子。こういう子、AV界にはいそうでいない。”と、評される。配役、セリフがあるほうが実力の出る演技派女優としても知られる。

2016年12月5日 週刊プレイボーイの人気コラム「紗倉まなの白目むいちゃいました。」において、紗倉まなより”…そんな私が今年イチ推しなのが、あべみかこちゃん。彼女もまた「私が絶対になれないかわいさを持った最強の女優さんだな」と、ひと目惚れしてしまいました。”と言及される。

自他共に認めるつるぺたバストだが、2017年DMM.R18アダルトアワードではBカップと誤表記。自身でAカップと訂正をいれ、のちにアワード公式サイトでも訂正された。2018年1月に3サイズを図りなおし、AA(ダブルエー)カップへと訂正をした。自身の曲、貧乳行進曲内の歌詞でも確認ができる。
 

 

この作品のエロ動画

美少女×失禁!!射精みたいな快感おもらし。 あべみかこ

コメントを残す




サブコンテンツ